MENU

ワキガにリフレアはなぜ効かないの?その理由って?

リフレア

ワキガにリフレアはなぜ効かないの?その理由について見ていきましょう!

 

 

「ずっとニオわない」というフレーズでCMしているリフレア。公式HPにはワキガにも効果があると謳っています。そのリフレアが効かないって話を聞きましたが、本当なんですかね?どこかのアンチな人が広めている噂なのかと思っていたら、あながちウソではなさそうなので、ちょっと調べてみました。

 

 

リフレアが効かない原因はなんだろう?

 

リフレアに求めるものと言えば、やはりワキガ対策?それとも脇汗??そもそもリフレアは汗穴を塞ぎ汗を止め、殺菌有効成分のおかげで脇を殺菌し、臭いの発生を抑えます。リフレアにはミスト、ロールオンタイプからクリームタイプまでいくつもの種類が出ています。

 

まずリフレアが効かないと言っている方は、今何の種類を使っているのかチェックされてみてください^^公式サイトでは効果が一番高いのは密着力が高いクリームとクリームバーであると言っています。クリームタイプとリキッドでは殺菌力に大きな差はないと言っていますが、汗をかいて落ちやすいのはリキッドタイプです。

 

またリキッドタイプの場合には塗った後、よく乾かないで洋服を着てしまうと服に付着してしまう恐れもあります。選んだ商品の違いで効果の差が出てしまっているのが、リフレアは効かないと感じる原因だと思います。なので、リフレアが効果ないと感じたら、まず自分に合った種類を使用しているか見直してみる必要があるようです。

 

 

リフレアが効かない大きな理由

 

リフレアの効果がないと感じる大きな理由は、実は殺菌力にあるのだと思います。

 

公式サイトを見ると24時間しっかりと殺菌力が持続すると謳っていますが、殺菌率がどの程度なのかは示していません。また殺菌という言葉にも具体的な程度は定義されておらず、実際のところどれくらい殺菌しているかは微妙な所です。

 

例えば1%の殺菌力でも殺菌と言っていい訳ですから、恐ろしいですよね。殺菌力の程度が示されていないということは、ごく僅かな殺菌力なのではないかと考えられます。殺菌力に自信があれば、公式サイトに殺菌率をもっとアピールしてくることでしょう。この殺菌力の低さがリフレアが効かない大きな理由なのだと思います。

 

 

リフレアを上手く使う方法って?

 

リフレアの殺菌率の程度は置いておいて、リフレアには様々なタイプの商品がありますので、場面に合わせて補助的に使う方がいいのではないでしょうか。家ではしっかりとワキガ対策専用のクリームを使ったり、ミョウバン水を使ったりして、外出先はリフレアを使うといった併用をオススメします。

 

あくまでもリフレアはサブ商品として。併用したら皮膚が被れるのではないかと心配する人もいますが、最近ではノアンデという商品の様に天然由来の成分で作られていて、肌に優しい、本格的なワキガ対策クリームなども出ていますので、そう言ったものと併用するのもいいかもしれません。

 


わきがクリームランキング